和菓子職人

和菓子職人

和菓子職人になるには

和菓子職人になるには、和菓子屋に就職し弟子入りするかもしくは専門学校へ行き和菓子について学ぶという方法があります。

専門学校を卒業して、製菓衛生士、菓子製造技能士という資格を取ることで、和菓子店や和菓子メーカーへの就職が有利になりますが、
高校を卒業したばかりの、余計な知識が一切ないまっさらな人材が和菓子の老舗に求められている場合もあります。

自分が働きたいお店があるのなら、直接そこに問い合わせをしてみてもよいかもしれません。
熱意があるのなら、学歴を問わずに採用してくれます。
時間的にも経済的にも余裕があるのなら、専門学校で基礎を学ぶと良いでしょう。
人脈ができますし、プロの講師から和菓子の歴史から技術まで学ぶことができます。

和菓子職人になるための心得

和菓子職人になるには、まず和菓子作りの原点を知り、そしていろんな世界を知ることが大切です。
季節を観察し、古典から現代美術まで知ることで、素晴らしい和菓子を作ることができるのです。

また歴史ある和菓子を提供し続けることも大切ですが、現代に合った斬新な和菓子も求められています。
金魚のゼリーが入った水ようかんなど見て美味しい、食べて美味しい和菓子は、話題性もありお店に行列ができるほどがとても人気です。

お客様のニーズを読み取り、お茶の時間を幸せにするために和菓子職人の仕事は、季節を待つお客様の期待や楽しみを感じることができるやりがいのある仕事です。