ベジタブル&フルーツマイスター

ベジタブル&フルーツマイスター

野菜ソムリエとは

野菜や果物についての詳しい知識はもちろんのこと、生産された場所やその特徴などを捉えながら活動しているのが「ベジタブル&フルーツマイスター」です。
ベジタブル&フルーツマイスターは通称「野菜ソムリエ」と呼ばれ、最近ではギャル曽根や磯山さやかなど芸能人でも取得している人が増えています。
野菜や果物の種類の知識はもちろん、一番おいしく食べれる料理方法や栄養素などについての情報にも詳しい人を指します。
資格の種類は幾つかありますが、どの段階の資格においても、ベジタブル&フルーツマイスター協会が主催している養成講座を修了して、試験に合格する必要があります。

各資格の基準

この資格には、ジュニアマイスターと中級マイスター、シニアマイスターと3種類の資格があります。
ジュニアマイスターについては、野菜や果物の正しい基礎知識を習得し、正しい知識を正しく伝えることができること、またどのような料理方法があるかを熟知していることなど一定の基準項目を満たすことで資格の取得ができます。

中級マイスターは、野菜や果物の生産地及び流通やマーケティングについても知識がないといけません。
食べ物の歴史を踏まえた様々な知識を蓄積することで、中級マイスターの資格を取得することができます。

そしてシニアマイスターは、上記に挙げたタイプの中でも最も知識が深く、広い視野を持っていることが大切になります。
実際に仕事に活かすレベルになるには、シニアマイスターレベルの資格の取得は必須となるでしょう。

仮に、この資格を取得することによって、どんなメリットがあるのかというと、「野菜ソムリエ」として活動することができるため、レストランのレシピ開発やバイヤーとして重宝される人材となります。調理方法、盛り付け例など野菜をうまく使ったアイデアを考える仕事です。
有機野菜や無農薬野菜など、野菜を専門に扱っている販売店や高級スーパー、百貨店などの青果部門においても必要な人材になれることは間違いないでしょう。

他には、野菜ソムリエとして講習会やセミナーなどの講師としても活動している方も非常に多いため、この資格は多岐にわたって活躍することができる資格と言っても過言ではないかもしれません。
数ある資格の中でも、最近特に注目されているベジタブル&フルーツマイスター。
仕事のみならず趣味の一環として取得されているという方も少なくありませんので、興味のある人はぜひチェックしてみてください。