調香師

調香師

香りを操る調香師のお仕事

私たちの身の周りにはたくさんのにおい、香りがありますが天然なものだけでなく、人工的なものも多いですよね。
香料は加工食品や歯磨き粉、飲料水、薬、タバコ、お酒などありと実に多くのもので活用されています。

調香師とは、その生活用品や食品、化粧品などの香りの成分となる香料を調合する職業です。

香料には6000種類以上もの品種が既に存在しており、これらの品種をいくつか組み合わせて調合することで、
いままでになかった新しい香りを調合することができます。
調香師はまさしく香りを作りだすスペシャリストなのです。

調合の作業をするためには、香りに関する知識はもちろん、「流行」に関する情報も必要になります。
甘い香り、爽やかな香り、スパイシーな香りなど、性別や年齢、季節により好まれる香りは変わります。
香りに関しては、人を引きつける力が強いものとなっているため、

調香師への道

調香師になるためには鼻が大事な商売道具になります。
正式な資格は無いため、食品会社や化粧品会社に就職した後に実務経験を通し技術を磨いていくことになります。

ガムや飴、お菓子などの香料を作る調香師をフレーバリストと呼んだりもしますし、それ以外の化粧品やフレグランスを作る調香師をパヒューマーと呼びます。
食欲をそそる香りについても、大事な販売戦略ですので、責任重大です。