調香師

調香師について

みなさんは「調香師」というものを耳にしたことがあるでしょうか。
あまり聞いたことがないといった人が多いことと思います。
調香師は、香料を調合するといった職業です。
調香師には生活用品や食品、化粧品などを調合する仕事となっています。

考えてみたら私たちの周りにはたくさんのにおいがありますよね。
天然的なものあれば、人工的なものもあるわけです。
香料ですが実は6000種類以上もの品種があります。
これらの品種から調合するわけは、数も非常に多いため、いままでにはなかった調合もできるというわけです。
調香師はまさしく香りを作りだすスペシャリストとなっており、エキスパートの世界です。

調香師のお仕事内容

調香師のお仕事内容は、基本的に香料を調合する職業となっています。
6000種類ともいわれている香料の中から調合する必要があるわけです。

調合ですが香りに関する知識はもちろん、その他の知識も不可欠となっています。
例えば「流行もの」です。
バラの香りが人気なら、ふんわりばらの香りを入れるなどの工夫も必要となります。
香りに関しては、引き寄せる力としても大変強いものとなっているため、そのあたりも踏まえてキャッチしつつ、提供することが大事です。
調香師といえども「あの人のセンスはちょっと」という声が聞かれれば、それでアウトです。
センスも不可欠な仕事となっています。

調香師への道

調香師への道を目指している人は、香料を調合することを職業に考えている人も少なくありません。
まさしく鼻効きであることが大事であり、鼻も大事な商売道具です。

では実際にどういった仕事についているかというと「フレーバリスト」と呼ばれるジャンルの仕事についている人もいます。
フレーバリストについては、みなさんご存知でしょうか。
ここで初めて耳にしたいという人もいることでしょう。
フレーバリストは、食品会社や香料会社などで活用するものです。
私たちはガムや飴、お菓子などさまざまなものを口にしますよね。
これらを口にする際には、香りについても調合されたものを口にしていることがほとんどです。

食品や歯磨き粉、飲料水、薬、タバコ、お酒などありと実に多くのもので活用されています。
これらについては、香りも大事ですよね。
香りが良いと食べたいなとか、使ってみようかなと思いますが、そうではないものは、使用する気にならないといった人も少なくありません。

食欲をそそる香りについても、大事な販売戦略です。
そうしたことを踏まえて、調合する調香師は責任重大な仕事といえます。
扱うものが非常に多岐なため、その分野のスペシャリストがおり、それぞれの能力を活かして、空間や商品を作り出しています。
世の中には実に色んな仕事がありますよね。