料理人やシェフに必要な調理師免許の資格

料理人やシェフに必要な調理師免許の資格

免許の価値

シェフや料理人として働く場合、必ず必要となる資格はありませんが、
将来どのような場所や立場で働いていきたいかにより調理師免許の取得の必要性は変わります。

パートやアルバイトで雇われる形として調理場に立つ場合は、調理師免許などの資格がなくても仕事を行うことができます。
レストランやホテルなどによっては国家資格の一つとなっている調理師免許を取得していることが応募条件となることもありますし、
評価の基準とする職場もあるため、大半の方は料理学校などに通い技術を身に付けながら資格を取得する人も多いです。

もちろん、必ず料理学校を卒業していなくてはいけないということはありません。
レストランやホテルで見習いとして働きながら経験を積み、調理師免許試験に独学で挑み取得することもできます。
プロの料理人として働きたい、自分で将来はお店を持ちたいというのであれば調理師免許は取得していた方がおすすめです。

料理・調理という手に職をつける職業であるからこそ、調理師免許があるからと言って慢心してはいけません。
免許取得者が必ずしも料理がおいしく作ることができるとは限らず、腕が良い料理人で調理師免許を取得していない人もいます。
但し、調理師免許がなければ調理師と名乗ることができません。

免許の取得方法

食品衛生に関係する基本的な知識を持ち合わせているという証明にもなるのが調理師免許です。
厚生労働大臣が認めた調理師学校を卒業することができれば、試験を受けずとも調理師免許を取得することができます。

調理師学校に通わずに免許を取得する場合は、飲食店などで2年以上実務経験を積んでいること、各都道府県が行っている調理師免許の取得ができる試験を受けて晴れて合格できれば、免許の取得が可能となります。
「仕事として料理を作る=調理師免許を取得が必須」ということではありませんが、就職時に技術力が証明できる点では調理師免許があった方が採用されやすいと言えるのは間違いありません。

また調理師免許よりもさらに高度な知識と経験が必要となる「専門調理師」や「調理技能士」という国家資格があります。
日本料理、西洋料理、麺料理、中国料理、すし料理、給食用特殊料理から分野を選び試験を受けますが、実務経験のみの場合は8年以上、調理師養成施設で学んでいた人でも実務経験6年以上が受験資格として必要になります。自分のお店を持ち料理の分野を追求し続ける人は取得を目指しても良いでしょう。