健康管理士一般指導員

健康管理士一般指導員

健康管理の需要と様々な分野での活躍

健康管理士一般指導員は、22年前から認定が開始されている資格です。
健康管理の方法を広めるために講演や教育を行ったりと様々な分野で活躍しています。
すでに6万名以上の資格者がおりますが、健康管理が重要視されるようになり更に注目が集まっています。

現在では様々な場所での食育活動について注目されています。
そこで、健康管理士一般指導員資格を持っている者は、とても重宝されているのです。
主に、企業、医療、福祉関連の施設において職員研修に採用されていたり、食育の分野から学校教育にも採用がされています。

日本は健康大国だと言われていますが、生活習慣病患者は増え続けており、医療費が伸び続けている現代社会において健康管理予防医学の知識を持つ健康管理士一般指導員は、その予防知識の普及する役割を担う存在と言えます。

健康管理士一般指導員の資格を取得することで、病院や福祉施設で健康指導を行うことができます。
心身ともに総合的な健康管理の指導、アドバイスができるため健康管理士一般指導員の求人も多数あります。
年齢関係なくできる仕事のため地域のために、定年後に活動されている方もいます。「健康」は生涯学び続けることができる分野です。

健康管理士一般指導員になるには

通信講座で学ぶ又は資格取得のため認定されている学校で受講するという2通りの方法があります。
通信講座では、健康管理士一般指導員養成施設が主催している通信教育講座を受講します。

認定されている学校に通う場合は、健康管理士一般指導員養成校カリキュラムを受講します。
単位を取得し、修了すると資格を得ることができます。

健康管理士一般指導員の更に上の資格として、上級指導員という資格もあります。
更なるステップアップとして、目指されている方も多くいます。

他にも、健康管理士一般指導員の資格に加えて別の資格を取得することで、よりその知識を活かすことができるでしょう。
栄養・健康管理指導が目的ならば、管理栄養士や薬剤師、医療・福祉関係の資格を取得するのも良いですね。
就職先は多数ありますが、ダブルライセンスだとより就職率が高くなります。
看護師の資格があり実務を積んで健康管理士の資格を取得した方の中には、健康と医療の指導員として独立されている方もいます。
美と健康のサポートを行い、独自で分野を広げられています。
そういった、独立を目指して資格を取得するのも良いでしょう。