パンコーディネーター

パンに携わる仕事に就きたい人におすすめの資格

日本の主食はご飯である!と考えている人も少なくないとは思いますが、パンは日本でも大人から子供まで親しまれている食べ物のの一つです。

パンコーディネーターとは、その名の通り、パンのプロフェッショナルになるための資格で日本で初めて公益財団法人 日本生涯学習協議会が監修・認定を行っている資格の一つです。
パンのコーディネーションに必要な基礎知識を学ぶことができるパンを仕事にしたい人向けの資格です。

「パンコーディネーター」を始めとして、パンを使った企画やプレゼンなどの知識を学ぶことができる「パンコーディネーターエキスパート」、パンに関わる知識や技術を人に伝えたり教えた利するパン教室やセミナーを開催したい人向けの「パンコーディネーターアドバンス」と資格の種類は様々です。

パンコーディネーターの資格を取得するメリットには、世界のパンについて知識を得ることができて表現力の世界も広がるという点、またテイスティングを行うことでどのような違いがあるのかを実際に理解することができます。

そしてパンと料理をどのようにして組み合わせるのがベストなのか、シーンに応じてどのようにパンを食べるのが良いのか、楽しみ方などを知ることができます。
パンの素晴らしさを知り、広めるために役立てることができる資格と言えるでしょう。

パンコーディネーターの資格は127,150円、パンコーディネーターエキスパートは84,000円、パンコーディネーターアドバンスは192,000円の受験料がかかります。受験資格は、パンコーディネータ-の場合は、制限はなくどなたでも受験することが可能です。

ただ、パンコーディネーターエキスパート以上の資格はパンコーディネーターの資格保持者で試験内容に企画書作成が含まれるためパソコンを所有されている方となります。

試験会場は、東京・大阪・名古屋・札幌・仙台・福岡で行われています。
試験日については日本パンコーディネーター協会のホームページをご参照ください。
ぜひこの機会に、日本に唯一一つしかないパンコーディネーターの資格を取得してみませんか?