ファストフード

ファストフード

若者から大人気のファストフード

ファストフードは、早い・安い・美味しいが魅力の若者に人気の飲食店です。
お小遣いやお給料が少ない若者であっても気軽にボリュームがたっぷりなものを食べることができます。
キャラクターのおもちゃを商品とセットにして販売しているファストフード店もあり、ファーストフードへいくことを楽しみにしている子供たちも大勢います。

ファストフードは、日本の全国各地にありますが、代表的な店舗は、マクドナルド、モスバーガー、ケンタッキー、バーガーキングが挙げられます。
最近ではマクドナルドがアプリゲームであるポケモンGOとコラボして集客していたり、モスバーガーではバンズをレタスに変えたヘルシー志向の菜摘バーガーを販売していたり各社、他社と差別化をするため工夫を凝らしています。

上記で挙げたような有名チェーンは日本だけではなく海外にも店舗を多く展開しています。
海外旅行の際、現地の食事が口に合わなかったときに、日本でおなじみのファーストフードに駆け込むという人もいるそうですよ。

しかしながら日本はもともとファーストフードのメニューであるポテトやハンバーグを食べる習慣はもともとありませんでした。
こうした習慣が出来たのは、戦後しばらくしてからのことです。
戦後小麦粉が日本国内でも流通するようになって、パンやパスタの文化が広がっていき、同時にお肉もステーキやハンバーグといった形で食べられるようになりました。

ファストフード店の展開

ファストフードはチェーン店で展開していることが多く、中には個人経営もありますが、結局はチェーン店にコストや味がかなわず、閉店に追い込まれるケースも少なくありません。
ファーストフードでチェーン店の場合、本社がある海外からの輸入食品を使っているケースがほとんどです。
チェーン店では海外でも安い価格のお肉を大量に仕入れ、人件費が安い国で加工し、世界共通の形で味付けを行って提供しています。
そのためどこのお店に行っても、いつでも同じ味を楽しむことができます。
このようにチェーン店ではコストもそうですが、いつ・どのような時でも「同じ味をいかにして提供する」といったことに力を入れています。
作り方についてもほとんど全国共通のやり方で従業員指導にあたっています。

主なファストフードチェーン

マクドナルド、モスバーガー、バーガーキング、ケンタッキーフライドチキン、ロッテリア、ファーストキッチン