薬膳アドバイザー

薬膳アドバイザー

食事によって体の調子を整える

身体がだるい、やる気が出ない、息切れがする。
このような悩み、具体的にいうことが難しいけれど「なんとなく体調が悪い状態」のことを末病と言います。
我慢しがちになりやすいですが実は本格的な病気にかかる前の段階なのです。

そういった状態の時に、食事を通して体の調子を改善しようとする考え方が、「薬膳」というものです。
そしてこの薬膳をアドバイスする存在が、薬膳アドバイザーです。

漢方は中医学がルーツですが、薬膳も考え方は中医学です。
分けて考える必要はなく、どちらも食事と薬を中心に考えていきます。
あえて分けるなら「生薬を分けて薬として服用することを漢方」「食材を使って日々の料理として食べるのが薬剤」です。

たとえば、生姜やカブって体を温める効能がある、生薬の一つです。
スパイスがかなり入っている健康的な食事、カレーは立派な薬膳料理です。

日本人にとっては、薬膳とは特別なものではなく、日常的に食べているものです。
決して特別なものではなく難しいものでもありません。

ですが、日々意識して薬膳を取り入れようと考える方が少ないため、私たちの生活では不健康な食生活を送りがちです。
そういった方が、「なんとなく体調が悪い状態」になるのです。

そういった方にアドバイスしていくお仕事が、薬膳アドバイザーのお仕事。
薬膳アドバイザーは国家資格への第一歩です。

薬膳アドバイザーになるには

薬膳アドバイザーに関する資格は、中華中医薬学会が認定している、国際中医薬膳師または国際薬膳調理師があります。
日本の場合、資格受験のためには子弟である一校だけを卒業するしか方法はありませんでした。

ですが、薬膳アドバイザーを認定している日本中医食養学会において、指定の条件を満たしていれば資格を取得することができるようになりました。
これにより、受験資格の幅が広がったと同時に日本中医食養学会が正式に中国から認められているといった信頼度の高まりでもあります。

薬膳アドバイザーは薬膳に就いて、信頼ある資格を目指すための最初の資格です。
いずれにせよ、民間資格のため、国家資格を取得するなら、薬剤師です。
薬膳アドバイザーと薬剤師の資格を持っていると無敵です。

薬膳アドバイザーとして働くには

資格を取得するための試験はありません。
日本中医食養学会が認定している、薬膳初級講座を40時間以上受講すれば認められます。

その上には中医薬膳指導員、中医薬膳調理師の資格があります。
こちらの資格は合計60時間の受講、そして試験にパスする必要があります。

薬膳アドバイザーの資格だけで就職するのは難しいといえます。
栄養士や調理師などの資格があると、特別なアピールができます。
また、看護師や介護士といった食と健康にかかわるお仕事であれば、薬膳アドバイザーの資格は大いに役立つでしょう。

日本においては、民間資格のため自分で薬を調合することなどはできません。
国家資格である薬剤師の資格を取ると、求人には困らない、手に職を持った人材となれるでしょう。