スポーツ栄養士

トップアスリートからトレーニングジムまで

管理栄養士の資格を持っている方は、特定の研修や試験を受けると公認スポーツ栄養士になることができます。
スポーツ栄養士は、文字の通りスポーツをする人たちのための栄養管理を行う仕事です。

日本代表などのトップアスリートの専属栄養士やトレーニングジムを訪れる人向けに栄養士として働く人もいます。
一般市民から、プロまで幅広い範囲でサポートしていきます。

スポーツ栄養士は管理栄養士の役割も持ち合わせているため、最適な食事ももちろん提案していきます。
対象が子供の場合は成長に合わせて、ご年配の方に対しては、健康を考えて栄養バランスを考える必要があります。
アスリートにはどのように自分の体を鍛えたいかヒアリングを行いながら、体力や筋力の増強を念頭に置き食事をプロデュースします。

年齢や性別でも食事のサポート方法が変わりますし、それぞれの体調や試合の状況に併せて適する食事内容や分量は
大きく変わることから、スポーツに特化した管理栄養士の存在が必要なのです。

スポーツ栄養士になるには

公認のスポーツ栄養士になるには、公益社団法人の日本栄養士会が行っているスポーツ栄養士講座を受験し、検定試験を受けなければいけません。
受験に必要な条件は、年度の4月1日の時点で22歳以上であり、管理栄養士の資格を取っていることです。

更には、スポーツ栄養士の指導経験があるもしくは今後指導する予定があり、日本栄養士会、日本体育協会が受験資格があると定めた人物となります。
公認スポーツ栄養士になれば、できる仕事の範囲は広くなります。

スポーツ栄養士として働こう

最近注目を集めているのはジュニアスポーツにおける食事の管理担当です。
食育という子供に食事の大切さを教える働き方が人気です。
スポーツのプロを目指したいと真剣に考えている子供に対して、成長期の体づくりと密接に結び付く食事の管理は大切なことです。
また栄養に関する知識やノウハウも役に立つことでしょう。

最近ではプロのスポーツ選手を目指すために、クラブに通わせている家庭も増えており、チームを対象とした講習会などの仕事もスポーツ栄養士にはあります。

アスリートたちを対象としたスポーツ栄養士は、今後も需要が増えていくと予想されますし、
サッカー、水泳、バスケなどスポーツの種類ごとに専門の管理栄養士の需要が出てくるでしょう。
怪我や病気の予防、サプリメントについての知識など、食事以外の分野の知識も必要になります。

管理栄養士資格をお持ちの方は、ぜひスポーツ栄養士を目指してみてはいかがでしょうか。