食育インストラクター

食育インストラクター

食の安全性を広める食育インストラクター

食育と聞いて「具体的にどのようなことをするのだろう?」と思う方は多いでしょう。
その疑問に思っている「食育とは?」を分かりやすく説明し食生活の改善を促すアドバイスや支援をすることが食育インストラクターの仕事です。

幼稚園や保育園、小学校や中学校などでも注目されている食育ですが、なぜ食育が注目されるようになったかというと、海外から輸入されてくる食材で問題が発生したり、身の回りに美味しいものが増えることで偏食の傾向が増加したりと食の安全が脅かされているのが要因の一つとなっています。

食事が乱れバランスの取れた食事ができていない子供の多くが生活習慣病になっていたり、怒りやすい子供になってしまうと懸念されている部分もあるため、食育インストラクターの資格が登場したという背景があるのです。

食育インストラクターは、平成17年に誕生した食育基準法を受けた資格となっています。
厚生労働省、文部科学省、農林水産省の3省が連携を取っていることからも、いかに食が注目されるようになっているかを伺うことができます。

 

食育インストラクターになるには

食に関する知識が豊富であるということが大前提となっており、すでに栄養士として活動されている方がプラスαの資格として食育インストラクターを取得することも少なくありません。
食育インストラクターの仕事は、学校もさることながら福祉施設や介護施設などでも活躍することができます。

偏食や肥満、味覚に関する生涯など食に問題を抱えている子供に対して、主に指導を行っていきます。
子供や食に問題を抱えている方々に対して、食の大切さや重要性などを説明することで食に関心を持ってもらうようにします。
また、食育の授業や講習会、セミナーなどを開催して保護者や家庭の責任者、調理に携わる方に食育の知識を得てもらい、食に興味を持ってもらうようにするのも食育インストラクターの仕事となります。

場合によっては、病院などでも食育インストラクターが必要となることもあります。
食事を通して患者さんのケアを行っていく病院が増えてきているからです。
食育インストラクターの資格の取得はさほど難しくはないと言われています。
学歴も年齢も問いませんし、経験の有無も関係ありません。

食に対して興味がある、食の安全や食を通じて家族が健康であるよう努めていきたいなどの理由で資格を取得される方もいます。
仕事のために資格を取得するだけが食育インストラクターの資格ではありません。
ただ、就職にも有利となる資格の一つとなっていますので、興味のある方は資格の取得を検討していくのも良いでしょう。