食品サンプルアート認定インストラクター

見ているだけで食べたくなる

食品サンプルアートのインストラクターとは、食べ物などの見本を作る職人です。
よく、見たことがありませんか?
レストランなどのお店の前にあるショーケースで、偽物の食べ物が並んでいたりしますよね。

食品サンプル職人は、サンプル模型となる食品を、どれだけ本物に見せることができるかがカギとなります。
見ているだけで、お腹が空いてきて思わずお店に入りたくなるような。

食品サンプルアート認定インストラクターはテレビでもよく見かけますよね。
お湯の中に液体を入れたら、いつの間にかレタスができたり。
食品サンプルのテレビを見ていると、目が釘付けになってしまいます。

日本独自の文化だそうで、外国人の観光客からもとても人気です。
食品サンプルを店頭に置くと、お店の売り上げが3倍にはねあがったという報告もあることから、とてもやりがいのあるお仕事です。

食品サンプルは、ロウソクのロウで作られていました。
ですが、現在では劣化しにくい液体プラスチックを使って、オーブンで焼き固めるという形で作られます。

本物同様に完成し、出荷されます。
出荷時の値段は、イタリアンスパゲッティで3600円程度。
網焼きステーキなどで8500円、たこ焼きなら400円と1つ1つの差は大きいようです。

食品サンプルアート認定インストラクターになるには

食品サンプルアート認定インストラクターには特に必要な資格はありません。
専門学校もないため、独自で技術を学ぶ方法を考えなければいけません。

食品サンプル製造会社に就いて、働きながら学ぶ方法が最短でしょう。
入社してすぐに食品サンプルを作れるわけではなく、焼き方色付け、機器の使い方などを学びます。

現在日本には、100件以上もの食品サンプル会社があります。
その規模は様々で小さな企業もあれば大手メーカーもあります。

食品サンプル職人の年収は平均的にも高く、全盛期んは1500万円あるとのことでした。
ですが、現在は年収が下がっている傾向にあります。
食品サンプル職人を目指している人は多いので、少し狭き門なのかもしれません。

食品サンプルアート認定インストラクターの求人は少ない

現在、食品サンプル職人の求人は極めて少ない傾向にあります。
アルバイトや職に就くのは難しいでしょう。
ですが、食品サンプル会社に特設問い合わせるという方法があります。

本気で食品サンプル職人になりたい方には、直接申し込む方法をおすすめします。
採用されたら、未経験からでも始められるお仕事です。
一度でも経験があれば、採用や就職も有利です。

腕に職をつけたら、独立して個人で企業を起こされる方もいます。
また、専門学校や資格がないため、食品サンプルスクールなどを開き教えられている方もいます。

食品サンプルと言っても、キーホルダーやマグネットなどにして販売しているところもあります。
いろんな企業がありますから、食品サンプルに関する身近な企業を探してみると良いでしょう。