食品サンプル職人

食品サンプル職人

見ているだけで食べたくなる食品サンプル

食品サンプル職員とは飲食店の店頭に飾ってある食品サンプルを作る職人です。
店頭の美味しそうなサンプルを見てお店を決めた経験がある人も多いはず。
食品サンプルを作る時には、サンプル模型となる食品をどれだけ本物に近く且つ美味しそうに見せられるかが大切になります。
食品サンプルを店頭に置くと、お店の売り上げが3倍にはねあがったという報告もあることから、とてもやりがいのあるお仕事です。

最近では食品サンプルは私たちの身近になりつつあり、自宅でパフェやケーキなどのスイーツの食品サンプルが作れるキット等も登場しています。
日本独自の文化だそうで、外国人の観光客からもとても人気で、専門のショップなども東京スカイツリー等の観光スポットにもオープンしています。

また元々食品サンプルは、ロウソクのロウで作られていましたが、現在では劣化しにくい液体プラスチックを使いオーブンで焼き固めるという形で作られます。
出荷時の値段は、イタリアンスパゲッティで3600円、網焼きステーキなどで8500円、たこ焼きなら400円程度です。作成に掛かる時間や大きさにより値段も様々です。

食品サンプル職人になるには

現在日本には、100件以上もの食品サンプル会社があります。その規模は様々で小さな企業もあれば大手メーカーもあります。

食品サンプル職人になるためには特に必要な資格は無いため、食品サンプル製造会社に就いて、働きながら学ぶ方法が最短でしょう。
機器の使い方、焼き方・色付けの方法など、技術が問われる仕事内容のため、実際に作って覚える方法が最も身につきやすいのです。

また食品サンプル職人の年収は以前は1500万円あると言われていましたが、現在は下がっている傾向にあります。
また食品サンプル職人の求人も極めて少ない傾向にあるため、アルバイトやパートで職に就くことは難しいでしょう。

しかしながら本気で食品サンプル職人になりたい、食品サンプルが好きという人は、その愛を持って食品サンプル会社に就職することをおすすめします。
腕に職をつけたら、独立して個人で起業することも夢ではありません。
また、専門学校や資格がないため、食品サンプルスクールを開業し講師を仕事にする人もいるようです。

食品サンプルをキーホルダーやマグネットなどにしてお土産用に販売している会社もあったりと、食品サンプルに関わる色々な企業があるため、食品サンプルに携わることができる企業を探してみましょう。