食生活アドバイザー

食生活アドバイザー

健康と栄養の意識

食生活アドバイザーとは人の食生活をアドバイスして生活を支えるスペシャリストです。
広い視野に立って食生活をトータル的に考えることができたり、健康的な生活を送るためにアドバイスをしたり提案をすることができる知識や技術を持っています。
食に関する知識が今高まってきていますので、今後は注目される職業と言えるでしょう。

食生活アドバイザーの仕事内容ですが、まずはアドバイスする人の生活面のチェックから入ります。
起きる時間や寝る時間、ストレスとなっている原因など生活そのものを見つめ直し、心と体の両方が健全であることを目標として様々な的確な食生活をアドバイスします。
充実した食生活を送ってもらうために一人一人が抱えている問題を発見し、そして実際の食生活を改善していくためのお手伝いをしていきます。

食品の栄養についての知識

食品の栄養素の働きはもちろんのこと、病気と食事の関係や運動と休養などについて知っている必要があります。
食品の分類法を把握して生鮮食品や加工食品の表示からアレルギー表示、栄養表示などを読み取り理解していなければ、その人に合ったアドバイスはできないからです。

食品の流通や役割、小売の形態が多様化していく中での正しい商品の選び方、食中毒の予防や衛生管理などについても学び知識を得ておく必要があります。
また食品関係のみならず税金や法律、経済など食を取り巻く様々な分野について、また仕組みなどを把握し理解を深めていくことも食生活アドバイザーには必要不可欠です。

食生活アドバイザーと言う資格に興味をお持ちの方は、一般法人FLAネットワーク協会の食生活アドバイザー検定のwebを確認してみてください。
このページには受験案内だけでなく検定模擬問題の3級で実際に出題された問題を解くことができたり、合格講座などについても掲載されています。