ソムリエとギャルソンという仕事

ソムリエとギャルソンという仕事

ソムリエのお仕事

a1180_009834
ソムリエは、ホテルやレストランなどでワインを専門に給仕する人を指します。
料理にあったワインを選び提案することで、より良い食事を演出するというお仕事です。

お客様からのワインに関する質問に答えるというだけでなく、ワインの仕入れや買い付け、在庫の管理も行いますので売上に合わせたワインをプロデュースする力も必要です。またお客様と直接接客する機会も多いため、立ち振る舞いやマナーの会得も必須になります。
お店のワインを司る長と言っても過言ではないでしょう。
ワインの本場であるフランス等では、ソムリエは国家資格となっており、ワインに関する高度な知識と識別能力が必要とされる仕事となっています。

ワインのソムリエが有名になったことをきっかけにして「○○ソムリエ」といったものがたくさん登場しています。同じお酒のつながりで日本酒ソムリエというのもありますし、温泉ソムリエやエコソムリエなどなどソムリエを名乗る範囲はとても広くなってきています。

これにはソムリエ氏として名をはせている方も疑問に思われているようで、ワインなくしてソムリエを語ることはできないということなのでしょう。
そのため、ソムリエという定義が徐々に変わってきてしまい、専門家やアドバイスできる人というイメージが強くなってきてしまっている部分もあるでしょう。

ギャルソンのお仕事

ギャルソンは時折ソムリエと区別がつきにくいと言われているようですが、仕事内容の区分は大きく違います。

ギャルソンは、主にフランス料理のレストランで使われており男性の給仕を指します。英語圏ではウェイターよ呼ばれることが多いです。一方で女性の給仕はセルヴーズと呼ばれます。

ギャルソンの仕事は、飲食物の提供・メニュー全般の説明がメインです。来店する全てのお客様に接客するため、丁寧な言葉遣いなど基本的な接客スキルが必要です。

レストランでは、調理担当のシェフを呼びお客様に料理の説明を直接することもありますが、これはとても稀で常連のお客様など特別な場合での対応となり、通常は料理の説明はギャルソンの仕事です。
もちろん、お客様と接する中でワインについて質問されることもあるため、ソムリエの資格を持っていたり勉強をしているギャルソンも多いです。

他にも、再び来店してもらうリピーターを増やすためにお客様の名前を覚えておくこともギャルソンの大切な仕事の一つと言われているため、ソムリエと比較するとお客様とより距離が近い接客を行う仕事と言えるでしょう。