バーテンダー

バーテンダー

お酒をもてなすバーテンダー

美味しいお酒とオシャレな雰囲気を味わうことができるバー。そこでお酒を提供する人のことをバーテンダーと呼びます。

カクテルは市販されたものもありますが、フルーツとお酒を組み合わせて目の前でつくるお店もありバーテンダーがシェイカーを使いオリジナルのカクテルをつくります。バーテンダーはお酒を飲まない未成年の人にとっては、あまりなじみがない仕事かもしれません。カクテルだけでなくお客様からリクエストされたお酒を作ったり、美味しいお酒をおすすめしたり、お客様と楽しく話をしたり等、接客業務も同時に行います。お店の開店前には清掃や仕込みの作業も行います。
開店時間は来客が多い夜18時~深夜のお店が多く、夜型のお仕事と言えるでしょう。

ただ単にカクテルやお酒を作れれば良いのではなく、接客もバーカウンター越しに行われるため、コミュニケーションスキルは必須です。しかしながら、バーには、ゆっくりと静かな時間を過ごすために来ているお客様もいるため、寡黙なバーテンダーが好まれるケースもあり空気を読む力も必要になります。

服装は、お店で決められているコスチュームや正装が多く、白いシャツにネクタイがベーシックなスタイルです。高級感が売りのバーでは清潔感も重要になります。

バーテンダーの仕事

カクテルを含めお酒を作る作業はとても奥深く技術・知識が必要です。お酒の種類を把握し、ほとんどが初めて会うお客様の希望と好みに合わせて美味しいカクテルをつくらなければなりません。
例えばラム酒と言っても1種類ではなく、様々な銘柄のラム酒がありますし、美味しいカクテルを提供するために、お酒の種類を習得しているバーテンダーが多いです。

カクテルが好き、かっこいいからといった理由でバーテンダーを目指す人が増えていますが、その道は簡単なものではありません。バーテンダーになるには、働いているバーのマスターに直々に仕事を教えてもらったり、スクールに通ったり本を読んで勉強するという方法があります。
お酒の微妙な配合とシェイクの振り方1つで味が変わってくるため、繊細な技術が求められます。
バーテンダーになってもお店の閉店後にオリジナルのカクテルメニューを開発するため勉強を継続している人も多いです。
また全国バーテンダー技能競技大会というバーテンダーの技術を競うコンテストも開催されており、スキルアップのために腕を磨くバーテンダーも多くいます。

一杯に思いを込めてお酒を提供するバーテンダーのお仕事いは、性別・年齢は関係ありません。
バーテンダーの仕事に興味がある人は、バーを訪れてバーテンダーと話をしてみてもよいでしょう。なぜバーテンダーになりたいと思ったのか、仕事のやりがい等も聞くことができるかもしれません。