カフェオーナー

カフェオーナー

カフェオーナーの仕事

カフェオーナーとは、その名の通りカフェを運営するオーナー(責任者)を指します。
運用の形はいろいろあるものの、オーナー一人でカフェを切り盛りしているお店もあれば、アルバイトを複数名雇い運営していることもあります。
お店の広さなどカフェの規模によって変わりますが、一人で運営する場合は、接客、料理や飲み物の提供、片付けも全て一人で行うことになりカフェを経営していくことのみならず、様々な点に気を使わなくてはいけません。

カフェオーナーとしての責任

接客や調理だけでなく、場合によってはスタッフの指導を行ったりカフェのチラシを作ったり、お店に飾る雑貨や食器などの買い付け、ディスプレイや掃除に至るまで、カフェのオーナーが責任者となり率先して動かなければいけないことは多いでしょう。
一方でカフェでの業務に自分が携わるのでなく、資金を提供する、つまり取締役代表になりシェフやスタッフを雇い運営するということも可能です。
カフェオーナーは絶対に自分もお店にスタッフとして立たなければいけないということはありません。

ですが、お店の雰囲気、客入り、売上を把握して、お客様が「また来たい」と思えるようなお店づくりをするには、やはり毎日お店にいるスタッフが一番よく知ることができるでしょう。
スタッフに任せきりになるのではなく自分でもカフェに出向き、お客様の入りや満足度を確認したり、改善できる部分を確認したり、店舗を愛情を持って育てていくことが良い店づくりに繋がるでしょう。

またカフェオーナーになるには「食品衛生管理責任者」という免許も必要となるため、カフェをオープンする前に、こちらの免許の取得する必要があります。
開業するにあたっても保健所への届け出も必要となりますし、各種手続きは沢山あるということも覚えておきましょう。

カフェオーナーになる方法

自分のカフェを作り、カフェオーナーになる方法は様々あります。
独学で開業を学びお店を持つパターンもありますが、多額の資金が必要になるため失敗しないためには専門の学校で技術を学ぶ人も増えています。
カフェオーナーを目指せる専門学校は、全国に多く存在しており、知識や技術を学べるだけではなく実践的なスキルを学ぶことができます。
参考:カフェ・調理学部|調理の専門の学校 レコールバンタン
講師も業界のプロフェッショナルな方たちから教えて貰えるので、実践的な技術を身に付けることができます。

もちろん書籍等から独学で学ぶことも可能です。カフェを開業するにあたってはメニューの値段の設定を決める時も、やはり売上がないと始まらないという所もあるため原価や料理の相場などは学ぶことが必要ですし、ビルや店舗を借りて営業をする場合は家賃の支払いも発生するため、一ヶ月の売り上げと相殺しマイナスにならないよう気をつけなくてはなりませんので、経営学など数字面でも強くなる必要があります。

a0150_000151
カフェオーナーに憧れを持っている方もたくさんいるでしょう。
誰もが憧れるカフェオーナーになるためには、事前の情報収集、経営知識の有無が重要なポイントとなってきますので、様々な方法を駆使してカフェオーナーとして成功する術を身に付けていきましょう。