バリスタ

バリスタ

バリスタは人気

美味しいコーヒーを入れるためには、技術や知識が必要です。
もちろんそうした技術が無くともコーヒーの提供自体はできますが、喫茶店などコーヒーの専門店では技術や知識について詳しいスタッフがいることが通例です。
そういったコーヒーを入れる専門家として「バリスタ」という職業があります。
いつかカフェを開きたい、美味しいコーヒーを入れることができるマスターになりたいと考えている人はバリスタを目指してみましょう。
実際にそのお店に有能なバリスタがいると噂になれば、「美味しいコーヒーが飲めるお店がある」と来客を促す効果にもなるでしょう。

バリスタのいるお店へ

コーヒーの技術や知識を習得している人を「バリスタ」と呼びますが、バリスタはまさしく最高のコーヒーを提供するプロフェッショナルであり、コーヒーに関する知識を幅広く持っている人です。

「バリスタ=コーヒーをいれる人」といったイメージを持っている人も多いと思いますが、バリスタの仕事はコーヒーを入れるだけではなく、接客対応も大事な仕事です。
店内で快適に過ごして頂くために優れた接客ができる接客のプロであることも、バリスタになるためには必要なスキルです。
お客様に喜んでもらうこと、また1人1人に感謝してもらえるような高いサービス提供が求められます。
そのためバリスタはお店によってはアルバイトで店員では務まらないケースも多いです。

バリスタで美味しいコーヒーを

コーヒーを入れる技術や知識を習得するにも、バリスタにとって大事なことです。
バリスタを目指している人の中には「いつか自分のお店を持ちたい」と思っている人も多いでしょう。

カフェやバルなどの飲食店で修行を積み、開業するといった人も多くみられます。
実際にそうした人たちによって新しいお店は築き上げられているといっても過言ではありません。
バリスタとして、そしてオーナーとしてやるべきことはたくさんあります。
経営者としての側面を持つことはさらに高いレベルでの実務内容を要求されます。

経営者になるということは、お金や全体のバランスを考えなくてはなりません。
雇われのバリスタとして勤務していた頃よりも、さまざまな苦労があるのは覚悟しておく必要があります。
営業時間をどうするか、メニューはどうするかなどさまざまな課題があります。
「こだわりの一杯」を提供するためにどうしたらよいかを突き詰めて考えていく必要があります。

コーヒーはお客様に癒しを与えるものです。
お客さまがここのお店のコーヒーを飲めて、本当に良かったと感じるものを提供したいですね。
経営を安定させるためには、いくつもの試練があると思いますが、それらを乗り切り、良いひとときとなれる一杯を提供できるお店を築き上げることを目指しましょう。

コーヒーは入れ方や焙煎方法など、個人の好みや力量によって味が大きく異なります。
美味しい豆の仕入れるルートがある、特徴のあるコーヒーを入れることができるという自信があるという場合、その強みを活かせるようにPRの方法も考えていきましょう。
コーヒーの世界は奥が深く、カフェブームの勢いも留まることを知らず、バリスタは追求をし続けることができる職業と言えるでしょう。