寿司職人

寿司職人

努力が必要

寿司職人とはその名の通り、寿司を握る職人です。
寿司職人というのは、日本の代表的な職といっても良いほど、日本の伝統的・文化的な職業です。
その道を極めるには、地道な修行と努力が必要だと言われています。

寿司職人になるためには、最低でも飯炊きだけで3年、握りだけで8年、合計10年以上もの修業が必要と言われるほど険しい道です。

寿司職人なりたい場合、まずは寿司店に弟子入りをして初めは見習いとして修業を積み基本的な技術を身に着けます。
1番最初は皿洗いなどの雑用から行うことになるでしょう。
その他、魚市などで運搬、力仕事を行ったり、店舗での色々な業務をこなします。
少しずつ経験を積み、数年が経過して弟子入りした親方に認められた時に、そこでやっと簡単な調理を任され、更に数年修行を積むと、いよいよ寿司を握ることができるようになります。

寿司職人に最短でなる方法とは

近年ではすぐに寿司職人として働くことを目標とした学校もあります。
それが、すしアカデミーという学校です。
最短では、8週間という短さで憧れの寿司職人になることができるようです。
今すぐ寿司職人になりたい人にはぴったりかもしれませn。

寿司職人が働く場所はもちろん寿司店でありますが、様々な種類があります。
まずは未経験でも採用を行っている、回転寿司です。
大手チェーン店の他には、回転しないチェーン展開をしている寿司店もあります。

老舗のお寿司屋に就職することもできますが、弟子入りするには大将又店主から教える見込みのある人材だと思われなければ難しいでしょう。
修業は辛いこともあるでしょうから真面目な志と強い意志が必要になります。
老舗店での修行はその人、そのお店でしか学べない技術を習得することができます。
実際の店舗で修行を積み独立することで、大きな収入が得られることを期待する職人もいるようですが狭き門と言えるでしょう。

最後に海外にも、日本の寿司人気が浸透しさまざまな寿司店がオープンしています。
その内の多くが寿司バーと呼ばれ店内で音楽がかかっていたり、アボカドとサーモンのロール寿司など外国人をターゲットとしたユニークなメニューも多いことが特徴です。
ライバル店が少ない分、ブルーオーシャンだと思いがちですが、海外で働くには語学力も必要となりますし、日本と客層、ターゲットも異なるためマーケティングも考える必要があります。
これもまた一筋縄ではいかない道のりと言ってよいでしょう。

寿司職人の年収など

寿司職人の稼ぐ年収は、若手では300万円から400万円程と言われています。
独立した場合、年収が1000万円を超える寿司職人もいるそうです。
海外でも、日本の伝統食文化として、寿司の人気は高まっており、出店に引っ張りだこの地域もありますから、月収30万円を超えること珍しくありません。
まだあまり知られてはいませんが、海外には寿司作りを教える寿司教室などもありますので、寿司バーや寿司教室として働くことも、教えることが好きな人にはおすすめです。

国内で一流レベルの寿司店の料理長となれば年収が800万円は超えることが多いですし、独立して寿司職人として成功を目指すのならば、国内で店舗を構えることが考えやすいですね。
数十年後には老舗として、親しまれるお店になっているかもしれませんね。