給食調理師

給食調理師

公務員として働く

調理師資格を取得すれば、洋食のレストランやホテル、カフェや居酒屋などの調理場で、調理人として働くことができますよね。
そして調理師といえば外食産業や飲食業が主な仕事場というイメージが強いと思います。

しかし、調理師資格を取得して、公務員としての働き方もできるのです。
公務員の調理師といえば、給食施設でのお仕事があります。
児童への給食を調理するお仕事で公務員として働く方は少なくありません。
地方公務員と同様に、公務員試験を突破すると公務員採用されます。

待遇としては、他の公務員と同様に有給制度がありますし、雇用の保護、各種手厚い保障などを受けることができます。
調理師の就職先としてはとても人気です。

給食調理人と呼ばれていますが、常に食に関わるお仕事ながら公務員というのは珍しいですよね。
公務員といえば待遇や福利厚生が良いという点は有名ですから、今後も希望者が増えるでしょう。

給食調理員になるには

希望者の多い給食調理員で働きたいと思った場合、2つの資格が必要となります。
それは、公務員試験と調理師免許です。
しかし、この2つの資格は初めから揃わなくても大丈夫です。
地方公務員として採用されたあとに、給食施設に配属されて、調理師資格を取得される方もいます。

調理経験が全くなく公務員試験に合格したケースでは、配属されたあとで調理師免許の取得を目指す方もいます。
給食施設では、誰もが正規雇用として公務員という待遇で働いているわけではありません。

パートタイムの方もいますし、免許取得後にパートタイムで働き、公務員試験を受験される方もいます。
地方公務員は、都道府県や市区町村などの各種自治体が主体となり採用しています。
採用条件などは自治体によって異なりますので、事前に確認しましょう。

給食調理人が働く職場の現状

最近では、地方自治体の財政危機がメディアで騒がれていますよね。
正規雇用の人数は減り、どんどん給食施設を民間の企業に委託するケースが増えています。

そこで、調理師免許を持った公務員は少なくなり、それを目指すための門も狭くなってきているのです。
今後もこの状態が続くと予想されています。
公務員として、給食調理人として働きたい方は、求人があるうちに調理師資格を取得して、公務員試験をクリアしておくことをおすすめします。

また、先に公務員職につけるよう試験を受け、求人を見つけて応募し、合格してから調理師免許を取得する方法が一番早いのではないでしょうか。
どちらも突破してからとなると、時間がかかりますし、併用し上手く最短で給食調理人に慣れるよう、手順を考えてみて下さい。
門は狭いですが、調理人を目指しているまたは調理師資格を持っている方にとっては、とても待遇の良い就職先ではないでしょうか。