学校給食の調理師

学校給食の調理師

公務員として学校で調理の仕事に就く

調理師資格を取得することで、洋食のレストランやホテル、カフェや居酒屋などさまざまな調理場で働くことができます。

調理師といえば外食産業や飲食業が主な仕事場というイメージが強いと思いますが、公務員としての働くこともできます。
公務員としての調理の機会で代表的なものが、学校の給食室での調理業務です。
子供の頃の成長期の大切な体をつくる児童への給食を調理します。

給食の調理師も一般の地方公務員と同様に、公務員試験を突破する必要となります。
待遇としては、他の公務員と同様に有給制度がありますし、雇用の保護、各種手厚い保障など
福利厚生が整えられていることから調理師の就職先としてもとても人気です。

給食の調理員になるには

給食室の調理員として働く場合、公務員免許と調理師免許の2つの資格が必要となります。
ですが、この2つの資格は初めから揃っていなくとも問題無く、地方公務員として採用された後に
給食施設に配属され、調理師資格を取得される人もいます。

調理経験が全くなく公務員試験に合格したケースでは、配属されたあとで調理師免許の取得を目指す方もいます。

給食施設では、誰もが正規雇用として公務員という待遇で働いているわけではありません。
調理師免許の取得後にパートタイムで働きながら、公務員試験を受験される方もいます。
地方公務員は、都道府県や市区町村などの各種自治体が主体となり採用しています。
採用条件などは自治体によって異なりますので、事前に確認しましょう。