日本料理人

日本料理人

料理人のイメージ

日本料理人と聞くと、とても厳しい修行をしないといけない、経験がなくてはいけない、先輩方が厳しすぎて料理人になることすら難しいというイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。
実際には、そのような世界もあるかもしれません。
が、本当はそんなことはないのです。

これではやりたいという若手が育つばかりか敬遠されてしまう要因となるということが、ようやくわかってきたのか、言われるほどキビしい世界ではなくなってきているといえるでしょう。
本当に料理を作るのが好きで、という方であれば誰でもできることと言ってはあれですが、やる気次第でどこまでもいける世界です。

料理人の心得

では、どんな人が日本料理人に向いているのか、それはこだわりを持って大切に一つ一つを行なっていくことが出来る人。
食べる方に喜んでもらうためには、精神的にも肉体的にも労力を必要として時間がかかるもの。
そういった意味では体力勝負の世界であると言えますが、忍耐力があってどんな仕事にでもやる気を持ち自分のこだわりをしっかりと持っている人ほど、日本料理人に向いていると言えます。

また、今は日本国内のみならず世界各国で日本料理が注目されています。
日本料理の手法や技法が世界に認められてきたという証拠でもあり、日本国内に限らず世界に羽ばたく事が出来る職業になりつつあると言っても過言ではありません。
日本料理が注目される理由はいろいろですが、世界に向けて素晴らしい日本料理を紹介していく第一人者としてこれから活躍出来る分野が日本料理人なのです。

当然のことながら、仕込みにかかる時間なども変わってきますので、朝早くから活動されている料理人もいます。
だいたいがお昼の営業と夕方の営業の2部構成となっているため、14時から16時くらいまでは自由時間が取れることもあるようです。

入社してすぐに任せて貰える仕事といえば、雑用となることがほとんですが、1年もすればまかないを作ったりといった作業を行うところもあるようです。
まかないは、先輩を始めとして素晴らしい舌を持った方たちから評価が得られる絶好の機会。
まかないを任されるようになれば、自分の本領を徐々に発揮することが出来る場も増えてきます。

責任のある料理人のポストにつく事ができる可能性も大いにあるわけですから、まかない食がつくれるようになった暁には、工夫を凝らして自分なりのこだわりを持った料理を食べてもらえるよう努力を続けていきましょう。