• 0712月
    Categories: 飲食業の資格について フードコーディネーター はコメントを受け付けていません。

    開発や宣伝

    食に関する注目が昨今かなり強くなってきているのをご存知でしょうか。
    専門的な知識を得ている方々に対して、様々な称号が与えられるような時代になってきていますが、それら細分化された分野を統括してコーディネートしていくのが「フードコーディネーター」という資格となります。

    商品を開発したり、レストランをプロデュースしたり、レストランに来客が多くなるよう宣伝を行ったりということもフードコーディネーターの仕事となります。
    つまり、食に関するすべてのビジネスを担当するということですね。

    徐々にではありますが、フードコーディネーターの必要性が重要だと言われるようになってきました。
    食品や飲料メーカーにはすでに、フードコーディネーターの資格を持っている人がたくさん活躍されています。
    マスコミ業界にも、ホテルやレストランにもフードコーディネーターを採用しているところも多くなってきました。

    専門的な知識を持っていて統括的にプロデュースすることができる、力を持っていると認められているのがフードコーディネーターですので必要とされるのも当然でしょう。

    資格や制限

    フードコーディネーターの資格は、特別な経験や知識が必要なものではありません。
    国家資格でもありませんので、年齢や性別関係なく資格の取得を目指すことができます。
    日本フードコーディネーター協会が独自認定している民間の資格ですので、誰でも試験を受けることができるのです。

    フードコーディネーターの資格は1級から3級まであります。
    3級が初級コースとなっており、基本的には一般の方を対象とした資格です。
    徐々に級が上がるごとに試験も難しくなってきますが、フードコーディネーターの資格を活かして仕事をしていきたいというのであれば2級もしくは1級の資格を取得しておいた方が良いでしょう。

    人間食べていかなくては生きていくことはできません。
    食の欧米化が進んできたこともあって、食事の内容が乱れたり日本食を食べる機会が少なくなってきているのも事実です。

    日本野食が脅かされている中、様々な資格が登場してきているのですがフードコーディネーターは多岐にわたって活躍できる資格であり、取得をしていることで様々な分野において有利となるということは言うまでもないでしょう。

    生活習慣病などを引き起こす要因となってしまうこともある食事。
    健康に役立つ知識などを得ることができ、更にはその資格を活かして仕事もできるフードコーディネーターは今度も目が離せない資格の一つだと言っても過言ではありません。

Comments are closed.