• 0712月
    Categories: 飲食店について カフェオーナー はコメントを受け付けていません。

    オーナーの仕事

    カフェオーナーとは、その名の通りカフェを切り盛りするオーナーを指します。
    いろいろな形はあるものの、オーナー一人で切り盛りしていることもあれば、2名ほどでカフェを切り盛りしていることもあります。

    カフェの規模によって変わってくると言えるでしょう。
    小規模なカフェでは、接客もお料理や飲み物も、もちろん片付けも行うことになりカフェを経営していくことのみならず、様々な点に気を使わなくてはいけません。

    オープンするにあたっては値段の設定などを行わないといけないのですが、やはり売上がないと始まらないところもありますので原価やお料理の相場などを調べたりすることも大切ですし、どこかのスペースを借りて営業する場合は家賃等の支払いも発生してきますので、一ヶ月の売り上げがマイナスにアンらないよう気をつけなくてはいけないでしょう。

    オーナーとしての責任

    先ほどもご紹介したように、接客やお料理を作らなくてはいけないこと、場合によってはスタッフに指導を行ったりカフェのチラシを作ったり、お店に飾る雑貨や食器などの買い付け、ディスプレイや掃除に至るまで、カフェのオーナーというのはすべてが責任者となることも少なくありません。

    ただ、誰でもやりたいとおもえばカフェオーナーになれるかと言えば実際はそうではなく「食品衛生管理責任者」という免許が必要となりますので、カフェをオープンする前に、こちらの免許の取得をする方が先決となります。
    開業するにあたっても保健所への届け出が必要となるなど、手続きもたくさんあるということを覚えておきましょう。

    他にもカフェ自体は自分が携わらなくても、資金を提供する、つまり取締役代表になってシェフやスタッフを雇うということも可能です。
    カフェなら絶対に自分もお店に立たなくてはいけないということはありません。

    ですが、お店の雰囲気や環境などを把握して、お客様が安心でき「また来たい」と思えるようなお店づくりをするには、やはり毎日お店にいるスタッフが一番よくわかると思いますので、誰かにまかせっきりではなく自分でもカフェに出向き向上できる部分は向上していくようにする努力が必要であるのは言うまでもありません。

    a0150_000151カフェオーナーに憧れを持っている方もたくさんいるでしょう。
    誰もが憧れるカフェオーナーではありますが、事前の情報収集が重要なポイントとなってきますので、様々な方法を駆使してカフェオーナーとして成功する術を身に付けていきましょう。

Comments are closed.