• 0712月
    Categories: 料理人について 料理人やシェフの転職 はコメントを受け付けていません。

    飲食の世界

    経験の有無に限らず、料理人やシェフなど食べ物を作る仕事に携わりたいという方は、飲食店に就職することになるのは言わずともお分かりいただけていると思います。
    飲食業を何となく始めた、高校生の頃に飲食店でアルバイトをしていたことがきっかけで料理を提供する人になりたいと思われる方も多い傾向にあると言います。

    飲食店と一口にいっても、いろいろなお料理を提供していますよね。
    ただ、どんな料理店にも残念ながら我が強かったり自分勝手な上司は必ずいると言われている世界でもありますから、それなりの覚悟は必要かもしれません。
    もちろん、飲食の世界でなくともいろいろな人がいますので、これについては様々な職業の方にも共通して言うことができるかもしれません。

    また、飲食の世界というのは年功序列ではありません。
    入った順番で誰がえらいのかが決まってきます。
    ということは、都市下に教わらなくてはいけないことも多くなってしまうということです。
    そして、何と言っても飲食業というのは拘束時間が長いですし立ち仕事ですので、慣れるまでにはかなりの時間がかかることもあるでしょう。

    転職のタイミング

    飲食店で修業を積んで経験を得てから、自分のお店を持つのか、それとももっとスキルを活かす事ができる職場へと転職をするのかを決めなくてはいけなくなる時期が必ずと言って良いほど来ると言って良いと思います。
    そうなった時のために、自分がどういったお店で働きたいのか将来的にどんな料理を作って提供していきたいのかを考えて、修業を積む飲食店を選んだほうが良いでしょう。

    高級レストランもあればリーズナブルな価格でお料理を提供しているレストランもあります。
    予約制のようなお店もあれば大衆食堂のようなところもあります。
    どんな場所で修業を積むのか、どういった場所に転職をしていくのかによって将来進むべき道が決まってきてしまうと言っても過言ではないのです。

    もしも金銭的に余裕があったり、基本的な知識を身に付けてから働きたいというのであれば調理師学校などに通いながらどうしていくのがベストなのか検討していくのも悪くはないでしょう。
    料理人の世界に年齢は関係ありませんので、社会人として働いていたことがある期間を経て料理の世界へ足を踏み入れたという方も少なくありません。

    職人の世界には上下関係がある、そして強靭な精神力があれば立派な料理人やシェフになることができる可能性も大でしょう。
    華やかな世界に見える世界ではありますが、頂点に至るまでにはかなり大変な思いをしなくてはいけないこともあるということを覚悟しておきましょう。